【看】薬の飲ませ方!@やさしい家庭看護

薬の飲ませ方


   

 薬は、医師が処方してくれる場合と、市販の薬を買う場合があります。




服用にあたっては、医師の指示や説明書に従って、分量・時間・服用方法などを

正しく守らなければなりません。


 


[1]市販の薬は、説明書を必ず読みましょう。

   用法や1回に使う量、いつ飲むかなどのほか、

   効能や効果、成分、使用上の注意や副作用も記されています。


 


[2]用法・用量を守ることは、薬を正しく効果的に作用させるために重要です。

   
多量に使うと、有害な作用が生じることもあります。


 


[3]服用時間は、食前、食後、食間などの指示があります。

   食前とは食事の前約30~60分、食後は食事のあと約30分以内。

   食間とは食後約2時間のことです。何時間おきという指示のこともあります。


 


[4]薬の併用は避けましょう。

   互いの作用を弱めたり、強めたりして、本来の効果を失います。

   また、副作用があらわれたり、医師の診断の妨げにもなります。


 


  


薬は正しく保管しよう


 

保管場所

保管場所は、子供の手の届かないところに。

お菓子と間違えて食べてしまうことがあるので注意する。


 

湿気、光、熱は避ける

湿気、光、熱は変質のもと。しっかりふたを閉め、

直射日光の当たらないところに置く。

暖房器具からも遠ざけること。


 

薬だけまとめて保管する

殺虫剤や防虫剤といっしょに置かない。


 

ほかの容器に入れかえない

使い方を間違える危険がある。


 

有効期限を守る

表示された有効期限を過ぎたら残っていても思いきって捨てる 。


 



 


 小学館 『 家庭の医学



【参考・参照・引用】


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-04-16 15:01 | 健康管理 | Comments(0)