居眠り半睡の「とほほ」な生活~^^!

【規】守ってほしい・・・医療機関・病院内の携帯電話の使用について・・・!

携帯電話の使用について


 

医療機関病院では、次の場所を除いて携帯電話を使用することができますが、

注意事項を守ってお使いください。


 


1.携帯電話使用禁止の場所

①使用禁止場所(電話を切らなければならない場所)

  外来診察室、救命救急センター、各種検査室、各種撮影室、内視鏡診療室、

  人工透析室、理学療法室、集中治療室、手術室、総合周産期母子医療センターなど。


 


②会話禁止場所(メールをすることはできる場所)

  病室(個室を除く)


 


2.携帯電話使用の注意事項

①病院内では、必ずマナーモードにしてください。

②使用禁止場所では、電源を切ってください。

③人混みでの使用は避けてください。

④病室を(個室を除く)での使用は、メールのみとしてください。

⑤消灯時間後の使用は禁止です。

⑥使用可能な場所であっても、大きな声での会話で回りに迷惑を与えることなどがないよう

   にしてください。

⑦病院職員から、使用に関して指示があった場合は、その指示に従ってください。


 


医師、看護師等が医療機関・病院内において使用している医療用PHSは、医療機器に

 影響を及ぼしませんので、お安心ください。


 


 


電波の影響を防止するために

外来待合室では、付近に心臓ペースメーカを装着している方がいる可能性がありますので、

携帯電話電源ようにしてください。




電波によりペースメーカの作動に影響を与える場合があります。

植込み型心臓ペースメーカを装着されている方は、携帯電話をペースメーカ装着部から

22cm以上離して携行および使用してください。
 


 


医療機関の屋内では次のことに注意してご使用ください。

手術室・集中治療室 (ICU)・冠状動脈疾患監視病室 (CCU) には携帯電話を持ち込まない。

病棟内では、携帯電話の電源を切る。

ロビーなどであっても付近に医用電気機器がある場合は、携帯電話の電源を切る。

医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従う。

医療機関の外で、植込み型心臓ペースメーカ以外に医用電気機器を使用される場合 (自宅療養など) は、

電波による影響について個別に医用機器メーカーなどにご確認ください。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-09-28 11:21 | 健康管理 | Comments(0)

居眠り半睡のとほほな生活~^^!
by 居眠り半睡
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな