居眠り半睡の「とほほ」な生活~^^!

カテゴリ:健康管理( 73 )

【看】介護必要な紐育の在留邦人・・・!@高齢者医療

介護必要な紐育の在留邦人


 

 

c0328479_16104972.gif


 亜米利加・紐育で暮らす日本人高齢者の中に、認知症などで介護が必要なのに、

十分なケアが受けられない人が増えている。

事態を重視した在留邦人らは、日本から専門家を招いて老後について学ぶ機会を

設けるなど対策に乗り出している。


 


 

c0328479_16104995.gif
 


 外務省の調査では、ニューヨークの在留邦人は約5万人(昨年10月現在)

在留届を出していない人を含めると、7万人いるとされる。

日系人高齢者問題協議会などが2006年、50歳以上の邦人ら約2,000人に行った調査では、

1970~80年代に仕事などで渡米した人が6割を占めた。

こうした人たちが高齢期を迎え、介護が必要な人も増えているとみられる。


 


 

c0328479_16104918.gif


 「仕事で英語を使いこなしていたのに、認知症になったら日本語しか話せなくなった。

どうしたらいいのか」――。


 在・紐育総領事館の医務官・吉田常孝さんは、高齢者の家族からこんな話をよく聞く。

昨年夏に着任するまで、大阪府内の病院の「物忘れ外来」の医師だった吉田さんは、

在留邦人の介護問題は「予想以上に深刻」という。


 


 

c0328479_16104945.gif


「『老後は自己責任という米国流の考えが浸透しているうえ、

日本のケアは米国以上に悲惨』という誤解も根強いため、帰国もできない。

厳しい環境で介護をしている家族は多い」と話す。


 亜米利加には、日本の介護保険のような公的な仕組みはない。

高齢者向けに「メディケア」など公的医療保険はあるものの、必要なサービスがすべて

受けられるわけではない。

また、民間の介護保険は保険料が高額なうえ、認知症が対象外だったり、適用期限があったりする。


介護に関する知識を補うため、総領事館は、厚生労働省が認知症の理解者を増やす目的で

進めている「認知症サポーター」の養成講座を開くことを検討しているようである。


 


 

c0328479_16103833.gif


(2009年10月30日 読売新聞)http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=16090


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-12-19 12:00 | 健康管理 | Comments(0)

【規】守ってほしい・・・医療機関・病院内の携帯電話の使用について・・・!

携帯電話の使用について


 

医療機関病院では、次の場所を除いて携帯電話を使用することができますが、

注意事項を守ってお使いください。


 


1.携帯電話使用禁止の場所

①使用禁止場所(電話を切らなければならない場所)

  外来診察室、救命救急センター、各種検査室、各種撮影室、内視鏡診療室、

  人工透析室、理学療法室、集中治療室、手術室、総合周産期母子医療センターなど。


 


②会話禁止場所(メールをすることはできる場所)

  病室(個室を除く)


 


2.携帯電話使用の注意事項

①病院内では、必ずマナーモードにしてください。

②使用禁止場所では、電源を切ってください。

③人混みでの使用は避けてください。

④病室を(個室を除く)での使用は、メールのみとしてください。

⑤消灯時間後の使用は禁止です。

⑥使用可能な場所であっても、大きな声での会話で回りに迷惑を与えることなどがないよう

   にしてください。

⑦病院職員から、使用に関して指示があった場合は、その指示に従ってください。


 


医師、看護師等が医療機関・病院内において使用している医療用PHSは、医療機器に

 影響を及ぼしませんので、お安心ください。


 


 


電波の影響を防止するために

外来待合室では、付近に心臓ペースメーカを装着している方がいる可能性がありますので、

携帯電話電源ようにしてください。




電波によりペースメーカの作動に影響を与える場合があります。

植込み型心臓ペースメーカを装着されている方は、携帯電話をペースメーカ装着部から

22cm以上離して携行および使用してください。
 


 


医療機関の屋内では次のことに注意してご使用ください。

手術室・集中治療室 (ICU)・冠状動脈疾患監視病室 (CCU) には携帯電話を持ち込まない。

病棟内では、携帯電話の電源を切る。

ロビーなどであっても付近に医用電気機器がある場合は、携帯電話の電源を切る。

医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従う。

医療機関の外で、植込み型心臓ペースメーカ以外に医用電気機器を使用される場合 (自宅療養など) は、

電波による影響について個別に医用機器メーカーなどにご確認ください。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-09-28 11:21 | 健康管理 | Comments(0)

【規】守ってほしい・・・医療機関・病院内の携帯電話の使用について・・・!

携帯電話の使用について


 

医療機関病院では、次の場所を除いて携帯電話を使用することができますが、

注意事項を守ってお使いください。


 


1.携帯電話使用禁止の場所

①使用禁止場所(電話を切らなければならない場所)

  外来診察室、救命救急センター、各種検査室、各種撮影室、内視鏡診療室、

  人工透析室、理学療法室、集中治療室、手術室、総合周産期母子医療センターなど。


 


②会話禁止場所(メールをすることはできる場所)

  病室(個室を除く)


 


2.携帯電話使用の注意事項

①病院内では、必ずマナーモードにしてください。

②使用禁止場所では、電源を切ってください。

③人混みでの使用は避けてください。

④病室を(個室を除く)での使用は、メールのみとしてください。

⑤消灯時間後の使用は禁止です。

⑥使用可能な場所であっても、大きな声での会話で回りに迷惑を与えることなどがないよう

   にしてください。

⑦病院職員から、使用に関して指示があった場合は、その指示に従ってください。


 


医師、看護師等が医療機関・病院内において使用している医療用PHSは、医療機器に

 影響を及ぼしませんので、お安心ください。


 


 


電波の影響を防止するために

外来待合室では、付近に心臓ペースメーカを装着している方がいる可能性がありますので、

携帯電話電源ようにしてください。




電波によりペースメーカの作動に影響を与える場合があります。

植込み型心臓ペースメーカを装着されている方は、携帯電話をペースメーカ装着部から

22cm以上離して携行および使用してください。
 


 


医療機関の屋内では次のことに注意してご使用ください。

手術室・集中治療室 (ICU)・冠状動脈疾患監視病室 (CCU) には携帯電話を持ち込まない。

病棟内では、携帯電話の電源を切る。

ロビーなどであっても付近に医用電気機器がある場合は、携帯電話の電源を切る。

医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従う。

医療機関の外で、植込み型心臓ペースメーカ以外に医用電気機器を使用される場合 (自宅療養など) は、

電波による影響について個別に医用機器メーカーなどにご確認ください。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-09-28 11:21 | 健康管理 | Comments(0)

【規】守ってほしい・・・医療機関・病院内の携帯電話の使用について・・・!

携帯電話の使用について


 

医療機関病院では、次の場所を除いて携帯電話を使用することができますが、

注意事項を守ってお使いください。


 


1.携帯電話使用禁止の場所

①使用禁止場所(電話を切らなければならない場所)

  外来診察室、救命救急センター、各種検査室、各種撮影室、内視鏡診療室、

  人工透析室、理学療法室、集中治療室、手術室、総合周産期母子医療センターなど。


 


②会話禁止場所(メールをすることはできる場所)

  病室(個室を除く)


 


2.携帯電話使用の注意事項

①病院内では、必ずマナーモードにしてください。

②使用禁止場所では、電源を切ってください。

③人混みでの使用は避けてください。

④病室を(個室を除く)での使用は、メールのみとしてください。

⑤消灯時間後の使用は禁止です。

⑥使用可能な場所であっても、大きな声での会話で回りに迷惑を与えることなどがないよう

   にしてください。

⑦病院職員から、使用に関して指示があった場合は、その指示に従ってください。


 


医師、看護師等が医療機関・病院内において使用している医療用PHSは、医療機器に

 影響を及ぼしませんので、お安心ください。


 


 


電波の影響を防止するために

外来待合室では、付近に心臓ペースメーカを装着している方がいる可能性がありますので、

携帯電話電源ようにしてください。




電波によりペースメーカの作動に影響を与える場合があります。

植込み型心臓ペースメーカを装着されている方は、携帯電話をペースメーカ装着部から

22cm以上離して携行および使用してください。
 


 


医療機関の屋内では次のことに注意してご使用ください。

手術室・集中治療室 (ICU)・冠状動脈疾患監視病室 (CCU) には携帯電話を持ち込まない。

病棟内では、携帯電話の電源を切る。

ロビーなどであっても付近に医用電気機器がある場合は、携帯電話の電源を切る。

医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従う。

医療機関の外で、植込み型心臓ペースメーカ以外に医用電気機器を使用される場合 (自宅療養など) は、

電波による影響について個別に医用機器メーカーなどにご確認ください。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-09-28 11:21 | 健康管理 | Comments(0)

【規】守ってほしい・・・医療機関・病院内の携帯電話の使用について・・・!

携帯電話の使用について


 

医療機関病院では、次の場所を除いて携帯電話を使用することができますが、

注意事項を守ってお使いください。


 


1.携帯電話使用禁止の場所

①使用禁止場所(電話を切らなければならない場所)

  外来診察室、救命救急センター、各種検査室、各種撮影室、内視鏡診療室、

  人工透析室、理学療法室、集中治療室、手術室、総合周産期母子医療センターなど。


 


②会話禁止場所(メールをすることはできる場所)

  病室(個室を除く)


 


2.携帯電話使用の注意事項

①病院内では、必ずマナーモードにしてください。

②使用禁止場所では、電源を切ってください。

③人混みでの使用は避けてください。

④病室を(個室を除く)での使用は、メールのみとしてください。

⑤消灯時間後の使用は禁止です。

⑥使用可能な場所であっても、大きな声での会話で回りに迷惑を与えることなどがないよう

   にしてください。

⑦病院職員から、使用に関して指示があった場合は、その指示に従ってください。


 


医師、看護師等が医療機関・病院内において使用している医療用PHSは、医療機器に

 影響を及ぼしませんので、お安心ください。


 


 


電波の影響を防止するために

外来待合室では、付近に心臓ペースメーカを装着している方がいる可能性がありますので、

携帯電話電源ようにしてください。




電波によりペースメーカの作動に影響を与える場合があります。

植込み型心臓ペースメーカを装着されている方は、携帯電話をペースメーカ装着部から

22cm以上離して携行および使用してください。
 


 


医療機関の屋内では次のことに注意してご使用ください。

手術室・集中治療室 (ICU)・冠状動脈疾患監視病室 (CCU) には携帯電話を持ち込まない。

病棟内では、携帯電話の電源を切る。

ロビーなどであっても付近に医用電気機器がある場合は、携帯電話の電源を切る。

医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従う。

医療機関の外で、植込み型心臓ペースメーカ以外に医用電気機器を使用される場合 (自宅療養など) は、

電波による影響について個別に医用機器メーカーなどにご確認ください。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-09-28 11:21 | 健康管理 | Comments(0)

【喉】「うがい」のしかた・・・!@健康管理

うがい」のしかた・・・

  


うがいがなぜ良いか!?

 それは、外部から体内に進入しようとした塵や埃などの約90%が

鼻を通る間に粘膜に捕らえられて、そのまま喉に落ちて痰として

体外に出るしくみに起因します。

 

 ウイルスの大部分も鼻で捕らえられて喉に向かいます。

その時に、チリやホコリなどの有機物を餌にしてウイルスが増殖する可能性があります。

ウイルスが増殖すると、粘膜から血管に入り込み、その数が多ければ感染してしまいます。

そこで、喉にいるウイルスが増殖する前に殺菌しようと言うのがうがいです。

    

 ウイルスが増殖するためにはある程度時間を要します。

そこで、約3時間おきに「うがい」をすることにより、

この増殖を押さえることができるのです。

 

 仮に1日18時間起きてるとすると、1日6~8回のうがいで大丈夫です。

寝ている間は体内の免疫が活発なので多少の繁殖にも絶えられるそうです。

うがい」は、あくまでも「予防」です。


 

風邪かな!?と思う前に1日6~8回のうがいをしましょう。

 


うがいをするための実施項目は次の順に行います。


  


手をきれいに洗う

ブクブク「うがい」をする

ガラガラ「うがい」をする


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-08-26 18:26 | 健康管理 | Comments(0)

【喉】「うがい」のしかた・・・!@健康管理

うがい」のしかた・・・

  


うがいがなぜ良いか!?

 それは、外部から体内に進入しようとした塵や埃などの約90%が

鼻を通る間に粘膜に捕らえられて、そのまま喉に落ちて痰として

体外に出るしくみに起因します。

 

 ウイルスの大部分も鼻で捕らえられて喉に向かいます。

その時に、チリやホコリなどの有機物を餌にしてウイルスが増殖する可能性があります。

ウイルスが増殖すると、粘膜から血管に入り込み、その数が多ければ感染してしまいます。

そこで、喉にいるウイルスが増殖する前に殺菌しようと言うのがうがいです。

    

 ウイルスが増殖するためにはある程度時間を要します。

そこで、約3時間おきに「うがい」をすることにより、

この増殖を押さえることができるのです。

 

 仮に1日18時間起きてるとすると、1日6~8回のうがいで大丈夫です。

寝ている間は体内の免疫が活発なので多少の繁殖にも絶えられるそうです。

うがい」は、あくまでも「予防」です。


 

風邪かな!?と思う前に1日6~8回のうがいをしましょう。

 


うがいをするための実施項目は次の順に行います。


  


手をきれいに洗う

ブクブク「うがい」をする

ガラガラ「うがい」をする


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-08-26 18:26 | 健康管理 | Comments(0)

【喉】「うがい」のしかた・・・!@健康管理

うがい」のしかた・・・

  


うがいがなぜ良いか!?

 それは、外部から体内に進入しようとした塵や埃などの約90%が

鼻を通る間に粘膜に捕らえられて、そのまま喉に落ちて痰として

体外に出るしくみに起因します。

 

 ウイルスの大部分も鼻で捕らえられて喉に向かいます。

その時に、チリやホコリなどの有機物を餌にしてウイルスが増殖する可能性があります。

ウイルスが増殖すると、粘膜から血管に入り込み、その数が多ければ感染してしまいます。

そこで、喉にいるウイルスが増殖する前に殺菌しようと言うのがうがいです。

    

 ウイルスが増殖するためにはある程度時間を要します。

そこで、約3時間おきに「うがい」をすることにより、

この増殖を押さえることができるのです。

 

 仮に1日18時間起きてるとすると、1日6~8回のうがいで大丈夫です。

寝ている間は体内の免疫が活発なので多少の繁殖にも絶えられるそうです。

うがい」は、あくまでも「予防」です。


 

風邪かな!?と思う前に1日6~8回のうがいをしましょう。

 


うがいをするための実施項目は次の順に行います。


  


手をきれいに洗う

ブクブク「うがい」をする

ガラガラ「うがい」をする


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-08-26 18:26 | 健康管理 | Comments(0)

【喉】「うがい」のしかた・・・!@健康管理

うがい」のしかた・・・

  


うがいがなぜ良いか!?

 それは、外部から体内に進入しようとした塵や埃などの約90%が

鼻を通る間に粘膜に捕らえられて、そのまま喉に落ちて痰として

体外に出るしくみに起因します。

 

 ウイルスの大部分も鼻で捕らえられて喉に向かいます。

その時に、チリやホコリなどの有機物を餌にしてウイルスが増殖する可能性があります。

ウイルスが増殖すると、粘膜から血管に入り込み、その数が多ければ感染してしまいます。

そこで、喉にいるウイルスが増殖する前に殺菌しようと言うのがうがいです。

    

 ウイルスが増殖するためにはある程度時間を要します。

そこで、約3時間おきに「うがい」をすることにより、

この増殖を押さえることができるのです。

 

 仮に1日18時間起きてるとすると、1日6~8回のうがいで大丈夫です。

寝ている間は体内の免疫が活発なので多少の繁殖にも絶えられるそうです。

うがい」は、あくまでも「予防」です。


 

風邪かな!?と思う前に1日6~8回のうがいをしましょう。

 


うがいをするための実施項目は次の順に行います。


  


手をきれいに洗う

ブクブク「うがい」をする

ガラガラ「うがい」をする


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-08-26 18:26 | 健康管理 | Comments(0)

【喉】「うがい」のしかた・・・!@健康管理

うがい」のしかた・・・

  


うがいがなぜ良いか!?

 それは、外部から体内に進入しようとした塵や埃などの約90%が

鼻を通る間に粘膜に捕らえられて、そのまま喉に落ちて痰として

体外に出るしくみに起因します。

 

 ウイルスの大部分も鼻で捕らえられて喉に向かいます。

その時に、チリやホコリなどの有機物を餌にしてウイルスが増殖する可能性があります。

ウイルスが増殖すると、粘膜から血管に入り込み、その数が多ければ感染してしまいます。

そこで、喉にいるウイルスが増殖する前に殺菌しようと言うのがうがいです。

    

 ウイルスが増殖するためにはある程度時間を要します。

そこで、約3時間おきに「うがい」をすることにより、

この増殖を押さえることができるのです。

 

 仮に1日18時間起きてるとすると、1日6~8回のうがいで大丈夫です。

寝ている間は体内の免疫が活発なので多少の繁殖にも絶えられるそうです。

うがい」は、あくまでも「予防」です。


 

風邪かな!?と思う前に1日6~8回のうがいをしましょう。

 


うがいをするための実施項目は次の順に行います。


  


手をきれいに洗う

ブクブク「うがい」をする

ガラガラ「うがい」をする


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-08-26 18:26 | 健康管理 | Comments(0)

居眠り半睡のとほほな生活~^^!
by 居眠り半睡
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな