【読】これなん答え@時代小説 其之二


居眠り磐音 江戸草紙』 第四巻 雪華ノ里 佐伯泰英 双葉社


 


これなん@時代小説 其之二 答え

 


中川 淳庵 (なかがわ じゅんあん)

元文4年(1739年)ー天明6年(1786年)  47歳没


 


1739年(元文 4年) 麹町で生まれる。山形藩医の安富寄碩にオランダ語を学び、本草学を田村藍水に学ぶ。


1764年(明和元年)平賀源内と共に火浣布(石綿)を造った。


  オランダ物産についても興味を持ち、カピタン(オランダ商館長)が逗留した長崎屋にしばしば訪問する。


 『解体新書』の原書『ターヘルアナトミア』を入手。


1771年(明和7年)杉田玄白らと共に『解体新書』翻訳に参加し、訳述に当たる。

1773年(安永2年)『居眠り磐音 江戸草紙 雪華ノ里(佐伯泰英)』日田往還の峠坂崎磐音と!


1778年(安永7年)若狭藩の奥医となって、1786年(天明6年)死去。


 


な・なんで 中川 なんだ、元老中の 中川 十勝守 昭一 書いた


新著「飛翔する日本」(中川昭一 講談社インターナショナル)を紹介!。

 


次の投稿は9月24日の昼頃予定!です。


 


※いつもるだけのみなさま(あなた) 一言でも記述していただければ幸甚です。 


[PR]
by inemuri_hansui | 2008-09-21 14:41 | 時代小説 | Comments(0)