【読】これなん答え@あんこ坂のお医者さま

 【読】これなん答え@あんこ坂のお医者さま 最中町 でした。


 


あんこ坂のお医者さま 一丸 小学館ビッグコミックス


---------------------------------

「あたしの名前は、森山ちろる! 26歳!」

  「最中町3丁目、森山医院の医者よ!」




「エ~!!」 


 


:森山ちろる(新米医師)、:権平政代(ごんだいらまさよ・看護師)、


【引用・出典】あんこ坂のお医者さま 一丸 小学館ビッグコミックス から


 


初版が2003年!、医療制度の違いがあり、無理矢理医者さんに区分しました。


 


最中(もなか)】

 もち米の粉に水を入れてこねたものを蒸し、薄く延ばして円形に切りそろえたら焼き、

仕上げに砂糖をかけた干菓子といわれている。これを使って餡(あん)を挟んだ菓子が、


皮種」と称されて、江戸時代に考案された。その後、餡を挟む方法にいろいろ改良が


加えられ、明治以降に今も使われている皮が完成された。

だったことから特別に最中と称されているとか!?。

やがてこの形が全国的に広められていき、現在は色々な種類の銘菓として出ています。
  


 


最中 ( 江戸の最中屋 )

http://www.wagashi.or.jp/tokyo/name/monaka.html

全国和菓子協会


http://www.wagashi.or.jp/ 


 


時代小説には、団子、もなか、まんじゅう、せんべいなど美味しいものが


数多く描かれています。


 


 「最中」の由来

池の面に 照る月なみを 数うれば 今宵ぞ秋の もなかなりける


 拾遺和歌集[巻3・秋171]

  源順の句を知っていた公家たちが、宮中で行われた月見の宴において、


白くて丸い餅菓子が出されたのを見て、会話の中で「もなかの月」という


言葉が出たことから、そのまま菓子の名前として定着したという由来がある。

  江戸時代に考案された最中の原型も、この話に基づいて生み出したといわれ、


菓子の名前も話そのままに「最中の月」と命名されたが、後に円形でないものが


出回り始めた後は、単に「最中」と称されるようになったとも言われる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E4%B8%AD


 


※いつも見るだけのみなさま(あなた) 一言でも記述していただければ幸甚です。 


[PR]
by inemuri_hansui | 2008-09-27 00:39 | 昔のお医者 | Comments(0)