【読】わたし猫語がわかるのよ@日本ペンクラブ

わたし猫語がわかるのよ


     


編者:日本ペンクラブ 光文社 ¥495(税別)


 


 派、派、もし、そのような、区別をするとしたら、

後者はのどのようなところに惹かれるのだろう!?

 首輪なしで、家を出たり入ったり。おとなしく可愛がられて

いるかと思えば、キャッとなったり・・・。


 自由気ままで神秘的とも云える。そのつかずはなれずの

存在に、人はされるのではないか!?。


 


日本ペンクラブの会員がたちとの愛情に溢れる関係を綴った

傑作エッセイ集!


 



 


 私は猫である。

 前々からそうじゃねえかなと疑ってはいたが、近ごろでは確信するようになった。

 小説を書いたり、馬券を買ったり、人間みたいなこともするにはするが、思想・

性格・容貌・行動などを客観的にはんていすると、やはり猫である。


  (中略)


  父母が死んでも泣けなかったのは、私が人間の言葉をよく知らないからであろう。

そのかわり、百匹の猫の「さよなら」には、百回泣かされた。

 やはりどう考えても、私は猫である。

 「百匹の猫」 浅田 次郎 より


 


      


百匹の猫             浅田 次郎

歌舞伎町から来た天使     野村 正樹

猫が鼠を-「ふじ」の想い出- 中原 道夫

猫バカ日誌            難波 利三

シルエット             久保田匡子

サンちゃんの手紙        田井友季子

チャアおばさん          太田 治子

コービーからの手紙       田才 益夫

風が吹けば桶屋が儲かる    高田 宏


 


Ⅱ   

猫想い            下重 暁子

八重桜            岩淵喜代子

野良猫異聞          筧 慎二

吹き溜まりのプーコ     西木 正明

チロはどこへ         河野 實

ノラや                畠山 拓

艦長モモの死亡       志茂田景樹

しなやかにわがままに    谷本多美子

白ネクタイのノワ        米原 万里


 


Ⅲ  


猫の似顔絵           出久根達郎

猫の貞節             畑 祐子

猫の成る木           川田 靖子

ペケのこと             眉村 卓

タマとリリー             つかだみちこ

猫おばさんの話         いわたとしこ

ビンラディンと暮らす     吉岡 忍

ネコたちへのレクイエム   水樹 涼子

タマ--母親の威厳     立松 和平


 


 あとがき            森 ミドリ


 


  


  


 あとがき  森 ミドリ


 (前略)

 以前、頼まれて、「花をいとおしみ、花に教えられ」と、いう言葉を色紙に書いたことがあるが、


の場合も同じような気がする。いえ、それ以上に、本来の人間らしさを取り戻させてくれるのかもしれない。


 (中略)


 この本に出てくる今も元気なはずの、グレ、キャラ、トモコ、ジャガー、あ・これはだった。


・・・・・・サンちゃん、プーコ、おかめ、クー、ちび、たま、ハルミ、チョコ、チャ、チョビ、ムー、


ノワ、ちび太、メイ、チャロミ、ちーこ、ビ・・・ビンラディン・・・・・・みんなに会いたくなってきたニャー。


 あとがきにならない、あとがきに、あがいてしまった私を、どうか愛すべき


たちに免じてお許し下さいニャー。


 


わたし猫語がわかるのよ 


編者:日本ペンクラブ 光文社 ¥495(税別)


[PR]
by inemuri_hansui | 2008-11-13 20:43 | 犬好き・猫好き | Comments(0)