【読】「町」の読みは「マチ?」・「チョウ?」@時代小説

江戸のしくみ」の読みは「マチ?」・「チョウ?」





 


江戸には多くの「」があったが、「マチ」と読む場合と

チョウ(チャウ)」と読んだ場合とがある。

 

 現在も小川町(オガワマチ)、馬喰町(バクロウチョウ)などと

使い分けられている。


 


なぜなのだろう!?。五択問題です。(答えは一番最後に!)


 


.「マチ」と読むのが正解。「チョウ」は「」と混同した読み方。


 


.町人の住む土地を「チョウ」と読んで、武家地である「マチ」と区別した。


 


.番町(バンチョウ)など、旗本が住んでいた武家地を「チョウ」と呼んだ。


 


.明確な基準などない。読みやすさで決まっていた。


 


.徳川御入国当時の庶民の集落の多くは「マチ」と呼ばれていた。

  麹町(コウジマチ)・飯田町(イイダマチ)がその例。


 

c0328479_22101826.jpg


 


江戸創世記の町




 徳川家康御入国当時の江戸城周辺の集落は「ムラ」か「マチ」であった。

つまり、小田原を本拠とする北条氏の表現では、町は「マチ」であった。

 実例としては、江戸城直下の現在は皇居外苑の場所には、祝田橋交差点の

地名に残る海岸集落の、祝田町(いわいだまち)、宝田町(たからだまち)、

千代田町(ちよだまち)の三町があった。

 その後この三ヵ町は、城郭拡張のためにすべて現在の中央区内に移され、

祝田町は南伝馬町(みなみでんまちょう)、宝田町は大伝馬町(おおでんまちょう)、

千代田町は小伝馬町(こでんまちょう)と改称された。


 


 また甲州道中沿いの国府路町(こふじまち)、現在の麹町(こうじまち)、

上州口ともいわれた現在の飯田橋(元は飯田町)も、北条時代の「」であった。

 その後、公儀が主に関西から「町(まち)」を招いて、江戸が大都市化すると、

「町(まち)」は《○○町(ちょう)》と呼ばれるようになったが、北条時代からの


古い町(まち)は古町(こまち)と称されて、もとの呼び方を尊重されて残った。


 


 徳川幕府の開闢(かいびゃく)時、初代・家康、二代・秀忠の代にかけて江戸に

移住してきた者たちで、古町町人(こまちちょうにん)と呼ばれていた。


 古町町人の多くは、芝口(しばぐち)から筋違見附(じちがいみつけ)にかけて

住み、いろいろな特権を与えられていた。古町の中でも特に角屋敷に住む町人は

御目見(おみみえ)屋敷と称され、年賀、将軍家の婚礼、嫡男誕生の慶事には、

将軍拝顔を許されていた。



江戸行政組織の呼び方(マチチョウ)


 


 地主=町人(ちょうにん)の連合体であった「町(まち)」を管轄したのが、

旗本が任命された町奉行(まちぶぎょう)。その奉行と直接交渉したのが

「町人(ちょうにん)代表」としての、世襲三家の町年寄(まちとしより)、

奈良屋のちの館屋(たてや)、樽屋(たるや)、喜多村家(きたむらけ)で、

日本橋一丁目から三丁目に、各自の役所を持って市政(町政)に参与した。


 


 町名以外には町触(まちぶれ:町人向けの法令)、町入用(まちにゅうよう

租税負担)、町屋敷(まちやしき)、町火消(まちびけし)など《まち》と呼ぶ

場合が多い。町役人(まちやくにん:家主など)が、町内(ちょうない)の

事務を執行するなどという「重箱(じゅうばこ)読み」も多かったのである。


 


  

c0328479_22101126.gif


正解は、


町人の住む土地を「チョウ」と読んで、武家地である「マチ」と区別した。・・・でした。


 


引用参照




えどちりQuestion  其の2  江戸のしくみ編  ものしりミニシリーズ 

鈴木 理生 著  出版:人文社

税込価格:¥1,260 (本体:¥1,200) サイズ:22cm / 111p

ISBN : 978-4-7959-1992-1  発行年月:2008.08


[PR]
by inemuri_hansui | 2008-11-29 12:48 | 時代小説 | Comments(0)