【噺】落語 >寄席!@江戸を歩く

落語



 


 落語(らくご)は、「落し話(おとしばなし)」、略して「(はなし)」とも言う。

近世期の日本において成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種。


 都市に人口が集積することによって成立した。成立当時はさまざまな人が演じたが、

現在は通常、それを職業とする人が演ずる。衣装や道具、音曲を極力使わず、

身振りと語りのみで物語を進めてゆく独自の演芸であり、高度な技芸を要する

伝統芸能でもある。


   


 本来「落語」とは落語家が行う演目(ネタ)のなかでも滑稽を中心とし、

「落ち(サゲ)」を持つ「落とし噺(おとしばなし)」のことを指したが、

現在では人情噺・芝居噺をも含めた総称として用いられる。


 江戸落語上方落語には小道具や慣習に違いがある。落語家の舞台のことを

高座(こうざ)」と呼ぶ。


 


江戸の落語家

社団法人落語協会(落協)

社団法人落語芸術協会(芸協)

円楽一門会

落語立川流


寄席   




 寄席(よせ)とは、都市において落語・浪曲・講談・漫才・手品などの

技芸を観客に見せるため、席亭(興行主)が経営する常設の興行小屋である。


 現在では、ほとんどが小屋ではなく鉄筋鉄骨の建物だが都市にあるのは

変わらない。

 かつては落語以外の講談や浪曲や色物など各分野それぞれの寄席が存在したが、

現在では落語寄席がほとんどである。落語寄席では当然落語が主であり、

それ以外の演目は色物と呼んで区別する。最後の演目は基本的に落語であり、

その演者は主任(トリ)と呼ばれ、その名前は寄席の看板でも一番太く大きな

文字で飾られる。

 トリになれるのは基本的に真打の落語家のみだが、ごくまれに真打以外の

落語家や落語以外の演者がトリとなる場合がある。


  


 経営や後継問題により数は減ったが、お座敷芸より連なる伝統的芸能を

支える空間としての役割を果たしながら、都市文化の華としての地位を

江戸時代初期から守っているのは驚異的である。


 なお広義では、田舎の自治体の市民会館などでも落語などの興行が行われるが、

こうしたケースも臨時的ではあるが、(出張)寄席と見なすことが出来る。

 なお、狭義の寄席落語寄席のなかでも、東京の鈴本演芸場新宿末廣亭

浅草演芸ホール池袋演芸場の四席のみとされ、国立演芸場などは含めない場合が多い。


 

 寄席落語と切り離せないのは、落語家にとって寄席が修行の場であり芸を磨く

唯一無二の舞台とされること、観客も贔屓の演者の成長と演者ごとの演出の違いを

楽しむという点にあり、「完成品」を見せるホール落語と違い寄席落語には

「未完成」なりの面白さ、真剣さがあるとされる。

(新宿末廣亭・初代席亭の北村銀太郎の発言より)


 


主な寄席



鈴本演芸場(東京・上野) 落語協会所属のみ

http://www.rakugo.or.jp/annai.html


 



浅草演芸ホール(東京・浅草)

http://www.asakusaengei.com/


 



新宿末廣亭(東京・新宿)

http://www.suehirotei.com/


 



池袋演芸場(東京・池袋)

http://www5.ocn.ne.jp/~t-houjin/i_engei.htm


 


 上記四席が、通常落語定席として狭義の「寄席」と呼ばれる。


 


国立演芸場(東京・平河町) 月の半分は貸席

浅草木馬亭(東京・浅草) 浪曲定席(他に橋 達也が座長をしてるお笑い浅草21世紀のショーがある。)

本牧亭(東京・池之端) 講談定席


 


お江戸上野広小路亭(東京・上野) 落語芸術協会による。

お江戸日本橋亭(東京・日本橋)   落語芸術協会による。

お江戸両国亭(東京・両国)  円楽一門会による、定席も催されている。

 ※以上三席は、不動産会社・永谷商事が運営する貸席である。


   

c0328479_22101126.gif
 


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

落語:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E8%AA%9E

寄席:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%84%E5%B8%AD


[PR]
by inemuri_hansui | 2008-12-06 19:29 | 江戸を歩く | Comments(0)