【喰】鮪・本まぐろ解体ショー!@美味探検

本まぐろ(別名:クロまぐろ)


                          全長:120cm、重量:60kg

まぐろ解体職人》  

今回の本まぐろ解体は、二人の職人さんが行いました!。

マグロのことなら何でも知っているマグロのエキスパート!

おいしい部位、食べ方などもレクチャーして頂きました。



マグロ解体には、何本もの包丁を使います。マグロ包丁は約60cmほどあり

初めて見られた方はビックリする程の長さです。

出刃包丁、刺身包丁も普通より長い包丁です。


 


解体手順


 


まぐろの王様 本まぐろ


マグロの王様、本まぐろ解体していきます。


本まぐろ:別名クロまぐろといい、肌が黒っぽい事から


   そう呼ばれる。身質は硬くなく、酸味がある。


全長120cm、重量60kgのビックサイズ!


頭と尻尾を最初に切り落とし、解体が始まりました。


 


まずはカマトロを切断!



『 カマトロ』と言われると、「何それ??」と思うかも


知れませんが、

マグロのエラ周辺の一番「あぶら」の乗った部分です。


 


カマトロの断面!



写真を見て頂ければ分かると思いますが、大トロよりも


脂がのっています。

カマトロは、なかなか市場では出回らない幻の部位です。

最後に刺身にした写真があるので楽しみに見て下さい。


 


腹の部分から包丁を!


大きな出刃包丁で豪快にお腹の部分から包丁を入れていきます。

サイズが大きいので切断するのも大変です。


 


1/4サイズに切断!



先ほどと同じ出刃包丁で1/4サイズが切断できるように


職人さんが二人掛かりで切断していきます。


この時点で二人とも汗だくです。


 


1/4サイズの断面!


この時点で大トロが見えてきました。本マグロののった


大トロは、一度食べると忘れられません。


 


ブロックに切断!



白い紙を使いサイズを測り、小さく切断できるように


ブロックに切っていきます。この時点で大トロの部分は


がのった本当に綺麗なピンク色しています。


 


大トロ!


日本人であれば、誰もが好きな本マグロ大トロです。

大トロがブロックに切断されると、解体を見られていたからは「オォ~~~」

\(^^\)(/^^)/・・・と、歓声が上がります。


 


厚切り刺身!



見て下さい!この断面を見ていただくと説明は必要ないと思います。

説明が無ければ高級牛と見間違える程、がのっています。


 


カマトロの刺身!



カマトロを刺身にしました!。の乗りは本当に大トロ以上です。

もし、どこかでマグロの解体ショーを見かけたときは是非、
マトロを!


[PR]
by inemuri_hansui | 2008-12-28 15:04 | 江戸を歩く | Comments(0)