【医】昔のお医者さん!@江戸を歩く

昔のお医者さん 往診



 お供を連れて往診に行くところ。(現在の訪問診療)

医者は僧侶のように頭を丸めているのが普通。

絵本譬喩節(えほん たとえのふし)」より





絵本譬喩節(えほん たとえのふし)「中巻」

原データ 東北大学付属図書館狩野文庫画像データベース


http://www.geocities.jp/ezoushijp/tatoebushinaka.html


 


見世の看板

中条流:産婦人科の一派。江戸時代には堕胎を業とするもの多く、

     川柳など戯文学の好題材となる。


 


朔日丸(ついたち‐がん)?女が毎月朔日に飲めば孕(はら)まないと

     いわれた丸薬。江戸四つ目屋発売。


 


なかし(ながし)、堕胎屋あるいは按摩のながしか!?。 


 


   


古方家(傷寒論・後藤流)という流派の医者は頭を剃らなかった。




 テレビ時代劇医者は、総髪の古方家ばかりだ!。

 「江戸職人歌合」より


 


肩輿(けんよ) かご往診に行く昔のお医者さん》



 


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-01-06 01:06 | 昔のお医者 | Comments(0)