【読】赤胴鈴之助@時代小説

(すず!・りん!)



       赤胴鈴之助 第1巻(単行本) 武内つなよし


 


 夏目漱石の「倫敦消息」は、正岡子規高浜虚子に宛てたロンドン通信だが、これは雑誌

ホトトギス」の明治三十四年第八号に掲載された。単行本『色鳥』(大正四年・新潮社刊)に

収録するに当たって、漱石は大幅に書き改めた。


 そこで「敦消息」は、「ホトトギス」版と「色鳥」版と、二種存在する。

    ◇

「飯を食いながら呼鈴を押して宿の神さん呼んだ。

『とうゝゝあなたの方へ行く事にしましたよ。


一週三十三円の下宿料なんか到底我輩には

払へんから君の方に生きましょうよ』」
ホトトギス版》



    めし          よびりん        かみ      

「僕は飯を食ひながら呼鈴を押して上さん呼んだ。

    
 
あなた          こと

『とうゝゝ貴方の方へ行く事になりましたよ。

何しろ一週三十三円ぢゃ到底僕には払へんからね』
色鳥版》



ホトトギス」の方には「呼鈴」にルビがない。

    ◇

 私(出久根達郎)が漱石の「倫敦消息」を読んだのは、東京に出てきてまもなくであるが、

ホトトギス」版ではなく、「色鳥」版に目を通していて、ハッとした。

呼鈴」のふりがなである。リンと振られている。

 やっぱり本当だったのだ、と思わず笑ってしまった。

    ◇

 こういうことだった。小学生のころ、「赤胴鈴之助」というマンガが大いにはやった。

 作者は福井英一。この人は連載が始まってまもなく過労で急死し、武内つなよし

後を書き継いだ。


          漫画:武内つなよし



 そのうちラジオで連続放送が始まった。赤胴鈴之助千葉周作の門下だが、周作には

さゆりという一人娘がいる。子供マンガの世界だから明からさまではないが、二人は、

お互いに憎からず思っている。ラジオで小百合の声を演じたのは、小学生の吉永小百合

だった。彼女のデビュー作である。

 田舎の悪ガキどもは、主人公よりも、むしろ小百合に熱狂した。

    ◇

 さてその頃、私たちのクラスに、という男児が転校してきた。は東京っ子で、当然、

東京弁をしゃべる。私たちには耳慣れぬ東京弁が、女性言葉のように聞こえる。

 は細おもての、女の子のような優しい相貌だったから、なおさら、そのように聞こえる。

 小百合男(さゆりお)、と私たちは早速アダ名をつけた。

    ◇

 がせせら笑うのである。「お前らは赤胴鈴之助の本名を知るまい、

 あれはスズノスケでなく、リンノスケというんだ」。



 「嘘だぁあ」、と私たちは声を上げた。

 が言う。「リンと読むんだぞ。よびりん、というじゃないか!」



 呼鈴と言われても、私たちにはピンとこない。そんな物を取りつけている家が、田舎には

なかったからだ。

 は頭が良かった。鞍馬天狗の本名を教えてくれたのもAである。しかし、リンと鳴る

から、そう読むと、はどこで覚えたのだろう!?

    ◇

 大正九年に、『漱石の三四郎日記』(山本春雄著)というパロディ本がでた。漱石人気に

あやかったのであろう。これに「電鈴」という語が出てきて、「りん」と振られている。


 


c0328479_2310762.gif


出久根  達郎 「セピア色の言葉辞典」より

文藝春秋  文春文庫  税込価格:¥660


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-01-20 20:26 | 時代小説 | Comments(0)