【読】藍染川・藍染橋・藍染袴・・・風光る!@時代小説

藍染袴お匙帖 風光る


 


藤原緋沙子 双葉社 630円


 


 医学館の教授方であった父・桂東湖の意思を継いで

女医者となった千鶴藍染橋の袂に治療院(診療所)を構えた。

 
 二百石取りの御家人・菊池求馬とともに、江戸市中で

起こる様々な難事件を見事に解決していく・・・!。


 


 


 いにしえの玉が池お玉稲荷から、地図上にはある染稲荷を探している時に、

岩本町二丁目の平成通りと金物通りの間に、「弁慶橋跡の碑」というのを見付けました。

北西方向に、神田お玉が池「千葉周作道場」がありました。


 


 


 えっ!川もない、しかも神田に何で弁慶橋?と誰しも思うでしょう。




 碑文を読んでみると、しかし谷中から不忍池まで流れていた藍染川とは別の細流が

お玉が池の埋立て後、整備されて川となり、神田紺屋町の紺屋の排水でいつも藍色

まっていたため藍染川と呼ばれていたという。
 


 


◆『藍染袴お匙帖一 風光



 


  


 藍染橋の袂に診療所を開いている女医桂千鶴のもとに、


身元の分からない白骨が持ち込まれた。 


 確たる証がなく、困り果てた南町奉行所の同心・浦島亀之


助けを求めてきたのだ。


  


 千鶴複顔術を試みるが・・・!第一話 蜻火(かげろひ)より・・・


 


参考参照引用

http://blogs.yahoo.co.jp/gulliverbros/26030934.html



第一話 蜻火(かげろひ)


第二話 花蝋燭


第三話 花落葉


第四話 走り雨 


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-05-07 05:07 | 昔のお医者 | Comments(0)