変るもの、変わらないもの



変るもの、変わらないもの

c0328479_12264505.jpg
                  にほんばし

 江戸ッ子たちがいた時代から
たった一世紀半程しか
経っていないのに
江戸ッ子の暮らしと現代のそれは
さま変わりしてしまった。
c0328479_12260733.jpg
                       にほんばし

c0328479_12262726.jpg
                        ◆にほんばし江戸ばし


c0328479_12284775.jpg
                         ◆人形町通

           しゃく人(芸者屋(置屋)) 料理屋・待合茶屋
             現在の「甘酒橫丁」の昔は、三業地だった。

             縦:左側=大門通、人形町通、右側=親父橋
             横:左上=竈河岸、元大坂町新道、大坂町、新葭町
               左中=住吉町、中央=葭町(至る親父橋)
               左下=和泉町、境町、蕗木家町
               最下=楽屋シンミチ(里俗)

c0328479_12270076.jpg
c0328479_12271568.jpg

 花街[花町とも書く](かがい、はなまち)とは、芸妓屋、遊女屋が集まっている
区域を指す名称である。
 花柳(かりゅう)という別称もある。売春防止法(1957年施行)までは多くの花街に
芸妓と娼妓の両方がいたが、今日花街と呼ばれている地域は芸妓遊びのできる店を
中心に形成される区域である。
なお、料理屋・待合茶屋・芸者屋(置屋)がまとめて「三業」と称されるため、
花街のことを「三業地」ともいい、地域により茶屋と置屋で「二業地」と呼ぶ。

 代表的なものとして、京都五花街(祇園甲部・先斗町・上七軒・ 祇園東・宮川町)、
東京の東京六花街(新橋・赤坂・神楽坂・芳町・向島・浅草)及び大塚、
大阪四花街(北新地・南地・堀江・新町)のほか、金沢、博多、長崎(丸山・寄合町)など
日本各地にある。

[資料・画像] 浮世絵:歌川広重、江戸名所図会、
c0328479_23544901.jpg


[PR]
Commented by inkyo at 2018-06-15 08:36 x
おはようございます。
花街、今は時代を反映してかすっかりさびれてしまったようです。粋な遊びに縁のない小生です。
Commented by one0522 at 2018-06-15 11:45 x
こんにちは。

現代は生活環境も忙しくなり、
電子機器で更に余裕もなくなっています。
江戸時代の粋や情緒が消えています。

何でも便利になると、反対に心が貧しくなる。
と、そんな事を言うから年寄りは嫌われる!?
Commented by ToroTamaMaguro at 2018-06-25 13:21
こんにちわ
おかげんはいかがでしょうか

江戸の風情を残す町並みは最近の方が賑わっているようですが
平成も終わるころとなった今は昭和の常識さへ通用しない世の中

"悲哀"が平等や社会福祉に反すると騒がれる時代であります

by inemuri_hansui | 2018-06-15 06:15 | 江戸を歩く | Comments(3)