ひざおく

お膝送り願えますか!

  


 泌尿器科の待合室は、老齢者の患者さんが多い。

待合所には多くの一人用椅子と長椅子が置いてある。

  

 あるとき、看護師さんが、かなりお年を召した女性を介添えしながら、

治療室から出てきた。

しばらく、こちらで待っていてくださいねご婦人に言い聞かせている。

ご婦人は足元がふらつき、立っているのも辛そうである。

しかし、椅子はどこも座る余地がない。

  

 看護師が長椅子近くの待合人さんに、丁重に声をかけた。

特定の人にではなく、長椅子に座る人たち全員に声をかけたという方が

正しいだろう。こう言ったのである。




申しわけありませんお膝送り願えますか?」


 


 端の人は七十代の男性である。軽くうなずき、立ち上がった。

その隣の者も、その隣も、次々と腰を上げ、そして少しずつ横に体を移動した。

かくて長椅子の端に、ゆうに一人が腰掛けられる空きが生まれた。

 看護師老婦人が、深々と頭を下げた。




  

 所用で通りかかって、以上の情景を見ていたのだが、若い看護師さんの、

古風言葉遣い感動したのである。




  

お膝送り」である。そしてこの言葉が死語でない証拠には、聞いた方々が残らず

その通りにした。もっとも、長椅子には若い人は見あたらなかった。

若い人に通じたかどうかは、わからない。

  

お膝送りを願います」は、昔はバスや都電の車掌が言っていたし、寄席に行けば

常套語であった。ただし、畳敷きの寄席で、である。




   

 後ほど、その看護師さんに「お膝送り」よく知っていたねと誉め称えたところ、

読んだばかりの時代小説にありました。と教えてくれました。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-03-31 03:31 | 日本語入力 | Comments(0)

   ひざおく

お膝送り願えますか!

  


 泌尿器科の待合室は、老齢者の患者さんが多い。

待合所には多くの一人用椅子と長椅子が置いてある。

  

 あるとき、看護師さんが、かなりお年を召した女性を介添えしながら、

治療室から出てきた。

しばらく、こちらで待っていてくださいねご婦人に言い聞かせている。

ご婦人は足元がふらつき、立っているのも辛そうである。

しかし、椅子はどこも座る余地がない。

  

 看護師が長椅子近くの待合人さんに、丁重に声をかけた。

特定の人にではなく、長椅子に座る人たち全員に声をかけたという方が

正しいだろう。こう言ったのである。




申しわけありませんお膝送り願えますか?」


 


 端の人は七十代の男性である。軽くうなずき、立ち上がった。

その隣の者も、その隣も、次々と腰を上げ、そして少しずつ横に体を移動した。

かくて長椅子の端に、ゆうに一人が腰掛けられる空きが生まれた。

 看護師老婦人が、深々と頭を下げた。




  

 所用で通りかかって、以上の情景を見ていたのだが、若い看護師さんの、

古風言葉遣い感動したのである。




  

お膝送り」である。そしてこの言葉が死語でない証拠には、聞いた方々が残らず

その通りにした。もっとも、長椅子には若い人は見あたらなかった。

若い人に通じたかどうかは、わからない。

  

お膝送りを願います」は、昔はバスや都電の車掌が言っていたし、寄席に行けば

常套語であった。ただし、畳敷きの寄席で、である。




   

 後ほど、その看護師さんに「お膝送り」よく知っていたねと誉め称えたところ、

読んだばかりの時代小説にありました。と教えてくれました。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-03-31 03:31 | 日本語入力 | Comments(0)

   ひざおく

お膝送り願えますか!

  


 泌尿器科の待合室は、老齢者の患者さんが多い。

待合所には多くの一人用椅子と長椅子が置いてある。

  

 あるとき、看護師さんが、かなりお年を召した女性を介添えしながら、

治療室から出てきた。

しばらく、こちらで待っていてくださいねご婦人に言い聞かせている。

ご婦人は足元がふらつき、立っているのも辛そうである。

しかし、椅子はどこも座る余地がない。

  

 看護師が長椅子近くの待合人さんに、丁重に声をかけた。

特定の人にではなく、長椅子に座る人たち全員に声をかけたという方が

正しいだろう。こう言ったのである。




申しわけありませんお膝送り願えますか?」


 


 端の人は七十代の男性である。軽くうなずき、立ち上がった。

その隣の者も、その隣も、次々と腰を上げ、そして少しずつ横に体を移動した。

かくて長椅子の端に、ゆうに一人が腰掛けられる空きが生まれた。

 看護師老婦人が、深々と頭を下げた。




  

 所用で通りかかって、以上の情景を見ていたのだが、若い看護師さんの、

古風言葉遣い感動したのである。




  

お膝送り」である。そしてこの言葉が死語でない証拠には、聞いた方々が残らず

その通りにした。もっとも、長椅子には若い人は見あたらなかった。

若い人に通じたかどうかは、わからない。

  

お膝送りを願います」は、昔はバスや都電の車掌が言っていたし、寄席に行けば

常套語であった。ただし、畳敷きの寄席で、である。




   

 後ほど、その看護師さんに「お膝送り」よく知っていたねと誉め称えたところ、

読んだばかりの時代小説にありました。と教えてくれました。


[PR]
by inemuri_hansui | 2009-03-31 03:31 | 日本語入力 | Comments(0)