居眠り半睡の「とほほ」な生活~^^!

居眠り半睡のとほほな生活~^^!
<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「 夏嵐 てるてるぼうず 四廻転 」── 吉 行 和 子
c0328479_12001099.jpg
c0328479_11585484.jpg
夏 嵐
  てるてるぼうず
   四 廻 転

               ── 吉 行 和 子
c0328479_11595796.jpg
c0328479_11584403.jpg
c0328479_11594633.jpg
c0328479_11583223.jpg
「 夏嵐 てるてるぼうず 四廻転 」── 吉 行 和 子


c0328479_11581328.jpg

c0328479_11575245.jpg





[PR]
by inemuri_hansui | 2018-06-20 00:06 | 犬さん・猫さん | Comments(3)
変るもの、変わらないもの


変るもの、変わらないもの

c0328479_12264505.jpg
                  にほんばし

 江戸ッ子たちがいた時代から
たった一世紀半程しか
経っていないのに
江戸ッ子の暮らしと現代のそれは
さま変わりしてしまった。
c0328479_12260733.jpg
                       にほんばし

c0328479_12262726.jpg
                        ◆にほんばし江戸ばし


c0328479_12284775.jpg
                         ◆人形町通

           しゃく人(芸者屋(置屋)) 料理屋・待合茶屋
             現在の「甘酒橫丁」の昔は、三業地だった。

             縦:左側=大門通、人形町通、右側=親父橋
             横:左上=竈河岸、元大坂町新道、大坂町、新葭町
               左中=住吉町、中央=葭町(至る親父橋)
               左下=和泉町、境町、蕗木家町
               最下=楽屋シンミチ(里俗)

c0328479_12270076.jpg
c0328479_12271568.jpg

 花街[花町とも書く](かがい、はなまち)とは、芸妓屋、遊女屋が集まっている
区域を指す名称である。
 花柳(かりゅう)という別称もある。売春防止法(1957年施行)までは多くの花街に
芸妓と娼妓の両方がいたが、今日花街と呼ばれている地域は芸妓遊びのできる店を
中心に形成される区域である。
なお、料理屋・待合茶屋・芸者屋(置屋)がまとめて「三業」と称されるため、
花街のことを「三業地」ともいい、地域により茶屋と置屋で「二業地」と呼ぶ。

 代表的なものとして、京都五花街(祇園甲部・先斗町・上七軒・ 祇園東・宮川町)、
東京の東京六花街(新橋・赤坂・神楽坂・芳町・向島・浅草)及び大塚、
大阪四花街(北新地・南地・堀江・新町)のほか、金沢、博多、長崎(丸山・寄合町)など
日本各地にある。

[資料・画像] 浮世絵:歌川広重、江戸名所図会、
c0328479_23544901.jpg


[PR]
by inemuri_hansui | 2018-06-15 06:15 | 江戸を歩く | Comments(3)
「 醴は 照 六月も 煮 商 」
「 醴は 照六月も 煮商 」
c0328479_13032379.jpg
あまざけしんじょ、固練りはいかがでございましょう」

 江戸で甘酒といえば、この頃(江戸地代)は夏のものであった。
「 あまざけは てる六月も にあきない 」などと言い、
年中売っているのは浅草本願寺の境内他に四、五軒を数えるのみであった。
c0328479_13002230.jpg
 甘酒(あまざけカンシュ)は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、
見た目はどぶろくに似て混濁している。甘粥(あまがゆ)とも呼ばれる。
 主に米こうじと米、あるいは酒粕を原料とする。
酒という名がつくものの、アルコール含有はわずかであった。
c0328479_13030301.jpg
江戸の水事情 
 甘酒は、現代では冬のものと思われがちだが、俳句の季語も、江戸時代の暑い
夏のカロリー補給や、水分を摂取するための飲み物であったという。
 玉川上水や神田上水、千川上水など上水、つまり水道は整備されていたが、
下町や、一般庶民の家庭で飲み水は今のように自由に使える地域は限られていて、
共同の井戸すらない地区もあった。
 夏の江戸の町を描いた図には、よく水売り屋が登場する。
天秤棒に水の桶を前後に下げ「ひゃっこい~ひゃっこい」の売り声で売り歩いたという。

 「 ぬるま湯を 辻々で売る 暑い事 [俳風柳多留]
 実際には、売り声とは裏腹に、井戸水をくみ上げたときは冷たくても、路上で販売して
いるときには、この川柳にある状態であったことは想像できる。
 冷水に甘味を入れたり、白玉入りのものもあったが、日常の飲み水代わりには、
ナマの水を避けて、枇杷の葉を煎じ熱いものや冷ました枇杷葉湯(びわようとう)、
麦湯(麦茶)が飲まれたりしていた。
c0328479_13020416.jpg
 水売りのことについては、別にまとめることとして、甘酒に話を移そう。
このような夏の水事情もあり、安全な水がわりに夏の水分補給、糖分補給として、
この甘酒が飲まれたのが、実際のことであったろう。
c0328479_13014550.jpg
 宮中でも夏になると甘酒を楽しんだ
 甘酒は、米粥に糀を加えて80度前後で半日~1日保温してつくるものだから、
自然の甘味を楽しむ。
 古代中国の王朝では、「」(レイ)とよぶ甘酒を作る専門の官職があったという。
 日本にも、こうした中国の水や氷や甘酒についての制度が、官職制度とともにほとんど
そのまま導入された。
 この制度のひとつとして、古代日本の宮中では、旧暦で夏の始まりとなる4月1日に、
中近世になると6月1日に、冬蓄えておいた氷を切り出して食べたり、甘酒を飲むのが
儀礼行事となっていた。
c0328479_13021996.jpg
 ヒトヨザケともコザケとも呼んだ。まあ、正月に歯固めの儀式のように、年健やかに
ありますようにという願いをこめるのと同じように、古い日本の夏というのは、ハヤリ病に
よって亡くなる人がおおかったわけで、夏を迎えるまえに薬膳のひとつとして発酵食であった
甘酒を口にしたのであろう。
 米と糀のみによって作られる甘酒は、五穀豊穣をいのる象徴的な食品と考えられていたのかも
しれない。
c0328479_13040429.jpg
c0328479_13054129.jpg
c0328479_13053064.jpg

 江戸の町々を売り歩いた甘酒売り
 江戸の町々には、四季折々、季節の食べ物や飲み物、遊び具や暮しの小道具を売り歩く人々が
たくさんいた。その売り声で、一日の時間や、季節の移り具合を感じることができたろう。
c0328479_13010699.jpg
 「 夏月 専ら売り巡るものは、甘酒売り」
 醴(あまざけ)売りなり。京坂は専ら夏夜のみこれを売る。専ら六文を一碗の価とす。
c0328479_13051580.jpg
 江戸は四時ともにこれを売り、一碗価八文とす。けだしその扮相似たり。
ただ江戸は真鍮釜を用ひ、あるひは鉄釜をも用ふ。鉄釜のものは、京坂と同じく宮中にあり。
京坂必ず鉄釜を用ゆ。故に釜皆宮中にあり。



c0328479_23544901.jpg

[PR]
by inemuri_hansui | 2018-06-10 00:10 | 気節・暦 | Comments(3)
「 サイダーの  泡と 平成  消えて ゆく 」── 吉 行 和 子


 サイダーの 
  泡と平成  
   消えてゆく
                    ── 吉 行 和 子
c0328479_01091996.jpg
c0328479_01090918.jpg
c0328479_01081955.jpg
c0328479_01093762.jpg
c0328479_01101836.jpg
c0328479_01083597.jpg
c0328479_01100685.jpg
c0328479_01102879.jpg
「 サイダーの  泡と 平成  消えて ゆく 」── 吉 行 和 子
c0328479_01085191.jpg
c0328479_01080415.jpg
c0328479_01095170.jpg
c0328479_23550249.jpg
c0328479_23544901.jpg




[PR]
by inemuri_hansui | 2018-06-05 06:05 | 気節・暦 | Comments(4)
「 6月の 犬さん・猫さん 」
c0328479_13362189.gif
c0328479_13363250.jpg
c0328479_13365011.jpg
c0328479_13370365.jpg
c0328479_13371607.jpg
c0328479_13372932.jpg
c0328479_13374506.jpg

c0328479_13375334.jpg
c0328479_13380714.jpg
c0328479_13381980.jpg
c0328479_13383090.jpg


c0328479_23550249.jpg
c0328479_23544901.jpg


[PR]
by inemuri_hansui | 2018-06-01 00:01 | 犬さん・猫さん | Comments(3)


by 居眠り半睡
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
外部リンク
最新のコメント
 おはようございます。 ..
by inkyo at 09:28
おはようございます ..
by ToroTamaMaguro at 09:28
おはようございます。 ..
by one0522 at 06:44
 おはようございます。 ..
by inkyo at 09:01
こんにちは。 大昔..
by one0522 at 07:29
おはようございます お..
by ToroTamaMaguro at 06:42
とろたまさま・ご隠居さま..
by 居眠り半睡 at 23:54
こんにちは。 とう..
by one0522 at 09:37
 おはようございます。 ..
by inkyo at 08:59
こんにちわ 明日か..
by ToroTamaMaguro at 13:16
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧