居眠り半睡の「とほほ」な生活~^^!

居眠り半睡のとほほな生活~^^!
タグ:季節・暦 ( 77 ) タグの人気記事
げんげ「手にとるな やはり野におけ 蓮華草」
げんげ・・・蓮華草

c0328479_11012189.jpg
野草の名。春、赤むらさき色の花をつける。
 緑肥や牧草にする。げんげ。
 → れんげ【蓮華】

c0328479_11014757.jpg

「手にとるな やはり野におけ 蓮華草」 滝 瓢水
「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」 滝野 瓢水[たきの ひょうすい]
 貞享元2年(1684年) - 宝暦12年5月17日(1762年7月8日)は、
 江戸時代中期の俳人。滝瓢水とも。

人物
 播磨国加古郡別府村に生まれる。通称は叶屋新之丞のち新右衛門。
 生家は千石船七艘を有する
 富裕な廻船問屋だったが、瓢水の遊蕩乱費のため没落する。
 俳号は瓢水の他に富春斎(ふしゅんさい)や自得(じとく)等がある。
 宝暦12年(1762)05月17日(現在暦では07月08日) 旅先の大坂にて没。
 享年78歳。

作品:「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」
「大阪の知人が、遊女を身請けしようとしていたのを、諫めて詠んだ句」
「亡き母の墓前で、孝行できなかったことを、悔いて詠んだ句」との説も
 あるとか。

c0328479_11004517.jpg
「げんげ (文春文庫 新・酔いどれ小籐次) [文春文庫]

 北町奉行所から極秘の依頼を受けたらしい小籐次が、嵐の夜に行方不明に。
 おりょうと駿太郎、そして江戸中が小籐次の死を覚悟する。
 奉行所の依頼とは何だったのか、そして小籐次は死んでしまったのか!?
 シリーズ第十弾。

 小籐次、死す!?

 久慈屋昌右衛門の供で伊勢詣でに行っていた小籐次が江戸に帰ってきた。
昌右衛門は念願の伊勢参りと墓参を叶え、隠居する決意を固めたようだ。
そんな折、北町奉行所の年番与力の米郷が、小籐次にたっての願いがあると
して面会を求めてきた。

 その晩遅く、久慈屋の荷運び頭の喜多造は酔って千鳥足の小籐次を見かける。
天気が荒れているにもかかわらず、これから舟で望外川荘に帰るという
小籐次を喜多造は止めるが、小籐次はそのまま堀へと消えていった。

 ところが翌朝、小籐次が望外川荘に帰っていないことがわかる。
そればかりか、小籐次の小舟だけが石川島の人足寄場に流れ着いており、
小籐次の蓑や破れ笠も川で発見された。小籐次行方不明の報におりょうと
駿太郎は半ば覚悟をし、また江戸中の人々も小籐次の死を受け入れ、
久慈屋の店先で弔いをするに至った。

 小籐次の行方不明と、年番与力・米郷の頼み事は関係があるのか、
そして小籐次は本当に死んでしまったのか!?
c0328479_11020680.jpg
シリーズで最も緊迫した展開を迎える第十弾書き下ろし!

 北町奉行所から極秘の依頼を受けたらしい小籐次が、嵐の夜に行方不明に。
 おりょうと駿太郎、そして江戸中が小籐次の死を覚悟する。

げんげ (文春文庫 新・酔いどれ小籐次 十)
佐伯 泰英 (著)
税込価格:788円
出版社:文藝春秋
発売日:2018/02/09

c0328479_15153683.jpg



[PR]
by inemuri_hansui | 2018-04-10 04:10 | 時代小説 | Comments(3)
ビル街の 菜の花みつけ ふるさと想ふ

 ビル街の
  菜の花みつけ
   ふるさと想ふ

         ─── 北 見 けんいち

c0328479_15141025.jpg
c0328479_15142602.jpg
c0328479_15143961.jpg

c0328479_15145812.jpg
c0328479_15151154.png
c0328479_15152595.jpg

c0328479_15153683.jpg
 頭の中は いつも お花畑の 半睡でした。


[PR]
by inemuri_hansui | 2018-04-05 04:05 | 気節・暦 | Comments(3)
 「4月」の「犬さん・猫さん」

 4月...四月...Aprilis...
c0328479_18315544.jpg
c0328479_16405736.jpg

c0328479_16413055.jpg

c0328479_16415247.jpg
 四月(しがつ)は、グレゴリオ暦で年の第4の月に当たり、30日ある。

 日本では、旧暦四月を卯月(うづき)と呼び、現在では新暦四月の別名としても用いる。
卯月の由来は、卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものというのが
定説となっている。
 しかし、卯月の由来は別にあって、卯月に咲く花だから卯の花と呼ぶのだとする説もある。
「卯の花月」以外の説には、十二支の4番目が卯であることから「卯月」とする説や、
稲の苗を植える月であるから「種月(うづき)」「植月(うゑつき)」
「田植苗月(たうなへづき)」「苗植月(なへうゑづき)」であるとする説などがある。
他に「夏初月(なつはづき)」の別名もある。

 英語での月名、Aprilはラテン語のAprilis、ウェヌス(相当するギリシャの女神アフロディーテの
 エトルリア名Apruより)に捧げられた月。

 4月の異名
 いんげつ(陰月)、うえつき(植月)、うづき(卯月)、うのはなづき(卯花月)、
 けんげつ(乾月)、けんしげつ(建巳月)、このはとりづき(木葉採月)、 ちんげつ(鎮月)、
 なつはづき(夏初月)、ばくしゅう(麦秋)、はなのこりづき(花残月)、もうか(孟夏)

c0328479_16430917.jpg

c0328479_16432525.jpg
c0328479_16434404.jpg


c0328479_17234495.jpg





[PR]
by inemuri_hansui | 2018-04-01 04:01 | 犬さん・猫さん | Comments(3)
はなふぶき・・・桜吹雪


はなふぶき・・・桜吹雪
c0328479_14060298.jpg

c0328479_14054018.jpg
c0328479_14061392.jpg
桜 吹 雪 」 新・酔いどれ小籐次(三) [文春文庫]
 原 作:佐 伯 泰 英
 
 大人気シリーズ、ますます快調の第3弾!
 人情味溢れていて楽しく読める。

 夫婦の披露目をし新しい暮らしを始めた小籐次。
一家揃って身延山久遠寺への代参を引き受けるが、
何者かが一行を付け狙う。好調第3弾!
c0328479_14062516.jpg
原作者:佐伯 泰英
表紙絵:横田美砂緒





c0328479_17234495.jpg

[PR]
by inemuri_hansui | 2018-03-30 03:30 | 気節・暦 | Comments(2)
帰り道 梅の香たどって 遠回り
「 帰り道 梅の香たどって 遠回り 」
           中川 いさみ (漫画家)

c0328479_14575517.jpg

c0328479_14582855.png

c0328479_18334730.jpg
c0328479_17234495.jpg
Ameba Blog [ ワンコ 3匹 がトップページ ] も ご笑覧ください。




[PR]
by inemuri_hansui | 2018-03-20 03:20 | 気節・暦 | Comments(3)
2018年 3月の「犬さん」・「猫さん」・・・!?
c0328479_11282271.jpg
c0328479_17242597.jpg
c0328479_12145264.jpg
c0328479_12150469.jpg

c0328479_17244326.jpg
c0328479_12142890.jpg
c0328479_12141526.jpg

c0328479_18334730.jpg

c0328479_17234495.jpg


[PR]
by inemuri_hansui | 2018-03-01 03:01 | 犬さん・猫さん | Comments(3)
竹島は日本固有の領土です。
 2 月 2 2 日 は「 竹 島 の 日 」

c0328479_11302641.jpg

c0328479_15185693.jpg
 竹島日本固有領土です。

c0328479_11304151.jpg

 不法占拠している 「 K 国 」早くかえしなさい。


c0328479_17234495.jpg


[PR]
by inemuri_hansui | 2018-02-21 02:22 | Comments(3)
いろいろありました。
一昨年(2016年10月以降)は、いろいろありました。

  外出先で心筋梗塞!
  
c0328479_13391164.jpg
  港町の某大学病院・救命救急センターに搬送される
  
  重篤な状態が続く・・・死に神が近くまで! 
c0328479_13395499.gif
  
  2週間後に主治医のいる某大学病院・医療センターに転院!
 
c0328479_19290050.gif
  脳梗塞発症・・・骨髄性白血病と転移した腫瘍(癌)の治療!
c0328479_13393466.gif
症 状
c0328479_13401271.jpg
 脳機能障害(記憶・言語・神経など)、右目の視力半減、
 右耳の難聴・耳鳴り、関節機能障害(左肩の棘上筋)、
 左手腕一部麻痺、左下半身一部麻痺、前立腺障害、
 循環器障害(呼吸など)など
  
「脳外科・循環器科・心臓血管外科・整形外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・眼科」など!

  絶対安静面会謝絶などなど!

  各種検査と治療の繰り返し!
c0328479_13403277.jpg
c0328479_13405686.jpg
  
  これから入院加療が続きそうです!

  携帯電話・PCなどは看護詰め所に強制お預かり・・・使用禁止!
c0328479_14004187.gif
 
c0328479_02255352.gif


  こう・・・ならないために!?
c0328479_13413704.gif
c0328479_14014263.gif

c0328479_17234495.jpg


[PR]
by inemuri_hansui | 2018-02-10 02:10 | 半睡の実態 | Comments(3)
 2月の犬さん・猫さん・・・!?
2月の犬さん
c0328479_17262859.jpg

c0328479_12410795.jpg

2月の猫さん
c0328479_17261206.jpg

c0328479_12405285.jpg

制作・著作
c0328479_14225777.jpg


        ◆ 自己紹介!
c0328479_17234495.jpg



[PR]
by inemuri_hansui | 2018-02-01 02:01 | 犬さん・猫さん | Comments(3)
あしたからは・・・!?
二月だぁ・・・
c0328479_11282271.jpg
二月(にがつ)はグレゴリオ暦で年の第2の月に当たり、通常は28日、
閏年では29日となる。

 他の月の日数が30または31日なのに対して、2月だけ28または29日なのは、
アウグストゥスが紀元前8年、8月の日数を30日から31日に変更し、
そこで不足した日数を2月から差し引いたためである。それ以前のローマ暦では、
年初は3月であったため、単に年末の2月から日数を差し引いた。

 欧米での呼び名である「February」はローマ神話のフェブルウス(Februus) を
まつる祭りから取ったと言われている。
c0328479_11284981.jpg
日本における二月
 日本では旧暦 2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と
呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。
「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」と
いう名称とは関係がない。「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。

 旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから
「衣更着(きさらぎ)」、草木の芽が張り出す月であるから
「草木張月(くさきはりづき)」、
前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」
他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もある。
旧暦二月は新暦では3月ごろに当たり、梅の花が咲く時期である。

二月の異名
 いんしゅん「殷春」、うめみづき「梅見月」、きさらぎ「如月・衣更月」、
けんうづき「建卯月」、ちゅうしゅん「仲春」、
なかのはる「仲の春・中の春」、はつはなつき「初花月」、
ゆききえつき「雪消月」、ゆきげしづき「雪消月」、
れいげつ「麗月・令月」、をぐさおひつき「小草生月」

二月の季語( 2月は季語が少ないが俳句の上では春の季語が多い。)
 立春、寒明、初春、早春、春浅し、睦月、旧正月、二月礼者、ニの替、絵踏、
初午、針供養、奈良の山焼、雪解、雪しろ、雪崩、残雪、雪間、凍解、氷解、
薄氷、沍返る(いてかえる)、冴返る、春寒、余寒、 春の風邪、春時雨、猫の恋、
白魚、公魚(わかさぎ)、鰔(さより)、野焼く、焼野、山焼く、
末黒の芒(すすき) 麦踏、木の実植う、猫柳、片栗の花、雛菊、春菊、
菠薐草(ほうれんそう)、蕗の薹(ふきのとう)、水菜、 海苔、獺の祭、鳴雪忌、
梅、梅見、盆梅、紅梅、黄梅、鶯(うぐいす)、下萌、いぬふぐり、菜種御供、
磯竈、若布(わかめ)、バレンタイン、義仲忌、実朝忌、比良八講。
c0328479_11302641.jpg
二月の年中行事
2月 3日 - 節分(日本)
2月 4日 - 立春
2月 7日 - 初午・北方領土の日
2月 8日 - 針供養(主に関東)
2月11日 - 建国記念の日
2月14日 - バレンタインデー
2月22日 - 竹島の日・猫の日
2月29日 - 閏日(4年に1回)
2月上旬 - さっぽろ雪まつり
2月中旬 - かまくら(秋田県横手市)
2月中旬 - なまはげ紫灯まつり(秋田県男鹿市)
c0328479_11304151.jpg
[出典・参考:Wikipedia]

c0328479_17234495.jpg

[PR]
by inemuri_hansui | 2018-01-31 01:31 | 気節・暦 | Comments(2)


by 居眠り半睡
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
最新のコメント
こんにちは。 4月..
by one0522 at 18:38
 おはようございます。 ..
by inkyo at 08:33
おはようございます お..
by ToroTamaMaguro at 07:52
こんにちは。 蓮華..
by one0522 at 11:50
おはようございます お..
by ToroTamaMaguro at 05:51
おはようございます。 ..
by inkyo at 08:58
こんにちわ おかげんは..
by ToroTamaMaguro at 13:50
こんにちは。 お加減は..
by one0522 at 10:09
 おはようございます。 ..
by inkyo at 08:45
こんにちは。 東京..
by one0522 at 13:11
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧